忍者ブログ

[PR]

2020年01月30日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宇都宮出張・・

2016年07月09日
新幹線に乗って外出すると、何だか旅行に出掛けたような気になりますね。
いつものように東京駅で新幹線ホームへ上がる。アナウンスが流れてベル
がなる。静かに動き出す車両・・たかが一時間ぐらいなんで西東京くんだり
まで出掛ける方がよっぽど時間が掛ります。

宇都宮に行くにはいつも「なすの」号を選びます。

これは飛距離が短いんでビジネス利用は小山か宇都宮なんで乗客が少ない。

東京駅を発つときは私一人ですもんね(笑)

最近お疲れ気味なんで、早速寝てしまい、気付けばあっという間に宇都宮。
迎えに来てくれた同僚と共に営業所へ行き、お仕事です。

少し遅くなりましたが、この日は石焼ビビンバの専門店「みや御苑」さんへ
連れて行ってもらいました。お昼御飯が唯一の楽しみです。

メインは石焼チャーハンなるものを注文しました。干しエビの風味が効いて
いて美味しかったですぞ。

同僚達はよく行っているらしく、サービスでミニ冷麺を(^^)/

サッパリした酸味でこれからの時期にはピッタリですね。

最後は珈琲と杏仁豆腐。実はこの杏仁豆腐がお目当てでした。この店
の名物らしく、フレーバーも多くてテイクアウトもできます。

セットメニューにすれば一つ付いてくるんですが、他の種類も食べた
かったので、単品で追加注文。

ベーシック杏仁と生キャラメルソースを注文しました。

両方とも絶品でした♪柔らかくてあっさりとした触感なのにあとから
杏仁の深い味わいがあります。ブランマンジェにも似た感じでした。

聞けばフレンチで働いていた事があるらしく、納得しました。また
行きたいですね~

帰りも「なすの号」でゆっくり帰京しました。たまにはこんな風に
外出するのも良いもんですね。ちょっとリフレッシュできますから。

PR

高崎出張・・

2016年04月17日
金曜は久し振りに高崎へ日帰り出張。しかし、この日は夜に呑み会に行く
事になっていたので、朝早くから出掛ける事にしました。

始発電車でゆったり座って東京へ行き、高崎終点のMAXたにがわに乗りま
した。乗客が少なくて宜しい(笑)。タクシーで訪問先へ行き一仕事。お昼
に連れて行って頂いたのは、前橋市の元総社町にある「オゥ レギューム」
さん。車じゃないとアクセスできないし、駐車場の台数も少ないので地元
のお客さんが殆どじゃないかな?

ランチメニューは豊富です。パスタかハンバーグかって感じですが、前日
パスタを食べたばっかりだったのでハンバーグ。

ランチスープは巨大なマグカップで。

前菜サラダは特大サイズ。

ナッツ系のフレーバーが効いたクリーミードレッシング良かったです。

そしてメインのハンバーグ。

ソースはデミグラスを頼んだんですが大正解。肉汁たっぷりのボリューム
あるお肉は美味しかったです♪

最後にコーヒーでしたが、お味も良くCPはとても高いと思います。又機会
があればお伺いしたいですね。

午後からの打ち合わせも無事終了して帰路につきます。キチンと時間通り
に進めたので、高崎駅のBECKS COFFEEで休憩できました。確か前回来た
時はなかったと思う。

わざわざ帰りもMAXたにがわにしてゆったり乗車。時間があればたにがわ
にするにこした事はないですな。

呑み会は蒲田(^^;)の鉄板焼き屋さん。さて東京駅からどう行こうか?考えた
んですが、18時台のJRの下り列車はどの路線も多くてウンザリします。で、
使ってみたのは山手で五反田まで行って東急池上線を使うルート。
山手線は乗る場所を選べば車内はそんなに混みません。東急池上線も五反田
始発なんで一本待てばゆっくり終点まで座れます。という事で快適移動して
蒲田へ降り立ちました。

お店は「KURIYA」さんというお店。ビルの地下なんでちょっと隠れ家っぽい
感じです。

ビールオンリーでガンガン飲んで、色んなものを頂きました。どれも美味しか
ったですよ。最後は関西出身者が主催者だったんで、関西風お好み焼きです。

私は関西風も広島風もどっちも好きですから美味しく頂きました(^^)

その後、京急蒲田駅すぐ近くの「BAR BANCHO」さんでコロナを2本でシメ。
元同僚と二人で帰路につきました。

ひたすらビールだけだったのと、ウコンを多めに飲んでいたので二日酔いは
ありませんでした。

GWが近くなってきましたが、GW期間中にもう一本呑み会があります(^o^)
最近は楽しくなさそうな要素がある呑み会は一切参加しない事にしてます。
かなり飲みに行く機会は減りましたね~(笑)

パリ出張(番外編)・・

2015年11月09日
今日は滞在期間中に出くわした事を番外編として書きます。何かちょっと
考えされられたり、笑ったりした事で、どうでも良いような話です。

これは時系列でお話しします。まずはホテルの初日です。まあ、テレビの
チャンネルはどうなってるのか確認しますわね。海外行くと、と言っても
私の場合は中華圏ばっかりですが・・日本のチャンネルがないかと思います。

で、このビジネスホテルには番組表一覧表が設置してあるのですが、、
ありました!NHK。ちゃんとしたホテルなら大体観れるんですが、こんな
所でも(^^)と、この一覧表をよく見ると・・・

「訪問禁止」の文字が。その下の小さな文字はフォントが潰れていて読めず。
帰国後調べてみました。

コレですね。どうやら受信料支払いを拒否するのに自宅に掲示するのが目的
のようです。しかし、遠くフランスのホテルで堂々とこのロゴを使っている
のは笑いました。わざと?たまたま?謎ですな。

続いては、セーヌ=サン=ドニというエリアで見掛けた風景。どこの町にも
ガラが宜しくないエリアってありますが、ここもそう。トラムに乗りそこな
ったので、途中下車したのがココ。Gare de Saint-Denisという所です。
写真はできるだけ目立たないように隠し撮りしました。


パッと見ただけで「ここはヤバい」と思いました(^^;)私は人種差別者ではあり
ませんが、Saint-Denis駅前にたむろしている人達。ショッピングカートに炭
みたいな調理器具を入れてトウモロコシやらを焼いて売っている人達を見る
と流石にね。。

日本人観光客は兎に角狙われやすい。事実同僚はスマホをスラれた訳だしね。
何を言ってるか分かりませんでしたが、からかうような事を話しかけてくる人
もいました。地下鉄でもスマホを手に持ってるとじっと見ている人や人通りが
あるのに、広場で煙草を吸ってるとソーッと回り込んでくる人が居たりして。
これは目が合ってこちらへ近づいてくるのが分かりましたので、逃げましたが。

今回は見掛ませんでしたが、特に無防備でおバカな日本人女性は世界中でカモ
扱いされているのを思い知るべきです。時々ボロボロにされた挙句に殺される
子がいるじゃないですか。ニュースで見る度に心が痛みます。

さてお次はノートルダムで見掛けた観光客について。セーヌ川クルーズ船が目
の前を通り過ぎるのを見ていたのですが、大聖堂の前に差し掛かった瞬間乗客
の約9割がカメラを向けて写真撮影し出します。私も乗船してれば確実に同じ事
をしていたはず(^^;)ですが、傍から見れば異様な光景ですな。

更にこの一枚を見て下さい。セーヌ川と左手にはサン=ルイ島が見えますが、、

画像の左下をご覧ください。ピンクの服を着た人が居ますぞ。あれっと思い
ズーム!

結婚写真ですね。東洋系の人達でしたから、今なら多分中国人かな。最近の
日本人はあんまりやらないんじゃないかと。中国の人はこの写真撮影大好き
ですからね(^^;)更に左で休んでいる白鳥達は「我関せず」でした。

最後の極めつけは羽田に到着したAFで見掛けました。私の後ろに座ってた人。

私も2011年に全く同じ事をしました(笑)。ハンドキャリーで持ち帰り。潰れや
しないかと気になってた筈。でもでも、同じものが羽田空港で買えますよ~。
肝心な中身(多分マカロン)は機内の乾燥でヒビが入っています。味は違わない
はずですし、何より製造後の時間が違いますから、新しい方が美味いに決まっ
てます。羽田から乗り継いで更に移動時間が掛れば尚更です。彼が気付いて、
次回から考え直す事を祈っとります(^^)/

という事で、やっぱりどうでも良いような内容になってしまいました・・

パリ出張(食事編)・・

2015年11月08日
第四回目はいよいよ食事編です。今回の出張で一番楽しみだったのは実は食事(^^ゞ
2011年に来た時は修道院のケータリングご飯で他の国の同僚達も口々にマズい
と言ってました。正直私もあんまり美味しいとは思いませんでした。でもでも、
最近ではワインとワインに合うものが好きで結構食べるようになりましたんで・・

先ずは出国する前に担々麺を。南国酒家プロデュースの南淋華というお店です。
普通に美味しかったですよ。

とコケておきます。向こうに行ったら絶対和食と中華は食べるまい。と誓ってた
ので(^^ゞ

初日は機内食だけで済ませ、ホテルの朝食何か世界中どこも同じなので紹介する
意味がありません。という事で、翌日のお昼から外食開始です。画像がない所は
webでDLしたものを使用していますので悪しからず。

2日目は朝から訪問先でミーティングをこなした後、コンタクトパーソンである
ステファンに連れて行ってもらったLe Halles付近のお店。モンテルゲイユ通りを
歩いてきて行きついたのが「L'esplanade saint Eustache」と言うお店。

頂いたのは鶏肉と野菜のオムレツっぽい「今日のおススメ」ランチ。

食後はプチデザート付きのコーヒーを。

プチデザート。って言うんだから一個付いてるのかな?と思いきや、パンナ
コッタ、ブラマンジェ、チョコムースの三点セット。満腹になりました。

この日の夜は同行者のリクエストでシーフードを食べにリヨン駅まで出掛け
ました。「L'Européen」というお店です。

見るからにですが、良い雰囲気の店です。内装も大層素敵でした。

肝心な料理は生ガキと貝類。

味は良かったんですが、魚が良かったな~途中から猛烈に眠くなってしまい
その後は食べずにウトウトしていました。

さて、3日目は朝からVilleneuveというパリ北部の郊外へ行ってからホテルの
最寄り駅に戻って、そこから10分ぐらいの所へ訪問したので、Bercy Village
の中にある「The Frog at Bercy Village」という地ビールを作っているバー
で軽食を。

食事はとるに足らないもので画像も撮ってないし何を食べたかも覚えてません。
流石にビールは美味しかったですが(^^;)

仕事も終わり、一度ホテルへ戻って再度Bercy Villageへ来てイタリアンです(笑)

3日間で多くのフランス人とお話しした(英語ですよ)のですが、最近のフランス
の食のキーワードは、「サンドイッチ」「グルメバーガー」「イタリアン」だ
そうです。昼食に2時間も掛けていたのは大昔の事で、今ではパン屋でサンドを
買って外で食べるか、オフィスに戻るか。バーガーもイタリアンも提供時間が
短く割と手頃な値段で食べられる。ってのがウケてるんだとか。

フレンチイタリアンってどうよ?ってな事で「L'Italia In Bocca」というお店へ。

屋根付きテラス席が素敵でした。

ビールでスタート。

適当にハムやらサラダ、ピザなんかをつまんで、



私のメインは子牛のソテーアーモンドソースです。美味かった~

因みに芋がズシンと胃に来ましたが・・

さて、4日目は18区へ行った後、ボビニーというあまり宜しくないエリア
まで。お昼は選べるほど店がない所だったのでHôtel de Ville de Bobigny
というトラムの駅近くにある「La Doce Vita」という店へ。

サラダとパスタです。


これは大して美味しくなかった(^^;)チーズと塩で味付けして食べました。

仕事も漸く全て終了してホテルへ戻り、同僚達を見送り。部屋で小休止
した後、出掛けました。建物風景編で書いた通りRue de Bac駅から歩き
オルセー美術館横で雰囲気が良さげだった「Le Terminus」と言うお店へ。

PELFORTHでスタート。初めて飲みましたが美味しかったです。
 
そして、おススメのステーキを食べました。ここまで来て分かったのは
前菜を頼んではいけない。という事。前菜で腹八分になってメインまで
完食すると確実に食べ過ぎになります。

これは特に美味しかったです。メイン一つ頼んでも必ずバゲットは付い
てきますから、これで十分。

おススメのグラスワインも滅茶苦茶美味しかった♪何の銘柄だったか勿論
覚えてはいませんが・・


そして最終日の5日目。お昼はパリっ子の同僚デビットに教えてもらった
2区にある「Tir Bouchon」と言うお店へ行きました。丁度12時頃に到着。

若い店員の女の子は全然英語が話せませんでしたが、男性店員が話せた
ので何とか注文できました。ハイネケンでスタート。

料理はおススメの鶏肉。マッシュポテトとソースを混ぜて肉を頬張れば
絶妙の味のコンビネーションでした。

滞在期間中食べた中で一番美味しかったのはコレでした。大変満足して
店を後にしました(^^)/有難うデビット。

その後は足の痛みをこらえながら歩いたり電車に乗ってノートルダムへ。
何故か2011年に立ち寄ったカフェ「Le Quasimodo Notre Dame」の事を
覚えていて再訪しました。

この時点では相当疲れてたので甘いものが欲しくなり再びチョコムース
とエスプレッソを。

このムースのデカい事。何とか全部食べましたがお腹パンパン(^^;)再び
歩き出してバスティーユ広場で再び「Le Rempart Restaurant」で一服。


その後ホテルで荷物をピックアップし空港へ。何せフライトは現地時刻
23:30の出発。チェックインと荷物を預けてフランス最後の料理はPAUL
のレストランへ行ってみました。

ビールはハイネケンしか置いてないのだそうです。赤ワインも一緒にオーダー。

料理は鴨です。

粒マスタードがワサビ並みに辛くて食欲が湧きました。バゲットも全部
平らげて夕食終了。美味しかったです。

前の日から牛、鶏、鴨と3色連続で肉を食べたのは人生初かもしれません。
暫く肉は要らないな~等と思いつつ帰国しました。

ちょうど20時前に到着して軽くお腹もすいていたので、、

ダイニング 24 羽田食堂で「まぐろ丼とミニうどんセット」です(笑)

帰国後早速日本食に手が出る所は日本人なら当たり前でしょう。という
事で無理矢理オチをつけたつもりにします(^^)

一応これで旅行記はオシマイです。えっ??仕事はどうだったかって??
詳しい事は一切書けませんが、全てうまく行きました。問題は来週出社し
てからどうやって進めるかです(^^ゞ

パリ出張(建物風景編)・・

2015年11月07日
パリで一番好きなのは建物と街並みの風景です。多分これ程までに綺麗な
風景を織りなしている場所はないと思えるぐらい。

第三回目はその建物や風景をご紹介します。2011年に来た時は超メジャー
観光スポットを回ったので、今回はちょっと違う所も行こうと思いました。

朝8時にホテルを出て戻ってくるのは18時頃。しかも知らない場所へ電車や
トラムに乗っていくわけで、正直疲れが蓄積するばかり。
同僚と同行者の二人は私よりも一日早く帰国したので、4日の夜~5日の夜
までが今回のフリータイム。

4日の夜彼らをホテルで見送った後に部屋へ戻り一休み。再びホテルを出た
のは19時過ぎでした。

まずは、サン・ジェルマン・デ・プレエリアへ行こうとRue de Bac駅へ。
地上に出て歩き出したのですが、方向音痴な私は逆方向へ進みました(^^ゞ

橋が見えてきて自分がセーヌ川へ来た事に気付き、ポカンとなりました。
でもまあ、オルセー美術館の所へ来たんだとパチリ。

すぐ近くにあるレストランで遅めの夕食をとりました。御飯やカフェなんか
は別記事でまとめてご紹介しますね。

来た道を逆方向へ戻りRue de Bac通りをすすみます。何となく撮った一枚。

更に進んでいくとロブションって書いてます。後で調べると後ろの建物は5つ星
のHotel Pont Royalでした。

その後ラスパイユ通りを歩いて行きましたが、ビールとワインは疲れた体には
効きました。足も相当痛くなってきてこれ以上は無理だと判断しました。それ
でもゆっくり歩いてRenne駅まで行きホテルへ。

ホテルの近くにあるBercy Villageという場所も前日食事をしにきて良い感じの
場所です。映画館があり、ショップやレストランもあるちょっとしたスポット
です。

で、いよいよ最終日です。チェックアウトして荷物を預け、カメラとスマホを
持って出動です。まずはもう一度行きたかったBir-Hakeim橋へ向かいます。
しかし、電車に乗ってから「そう言えばどうやって空港へ行こうか?」と思い
出しました(^^;)

来る時と同じリヨン駅からバスじゃ芸がないし、そう言えば今回RERに乗って
なかったので、シャトレからB線で行こうと決めました。

しかし、ホテルに預けたトランクは仕事で頂いた資料やらで相当重たくなって
ます。膝も痛くてトランク担いで長い階段を上り下りするのがかなり心配。
途中下車でRERへの乗り継ぎルートを確認しに行きました。

エスカレーターと短い上り階段で何とかなりそうなのを確認して外に出ました。
外に出ると何か古そうな建物を発見。サン・トゥスタシュ教会でした。

Les Hallesから再び列車に乗り6号線へ。途中からラテン系の観光グループが
乗ってきました。エッフェル塔ですね。電車は漸くBir-Hakeim駅へ着きました。

前回は奇跡的に誰も居なかったのですが、今回はアジアン達が写真撮影中。。
橋の真ん中では若い東洋人女性がバレリーナの恰好で撮影してました。
トゥシューズまで履いてて思わずビックリ(*_*;多分Chineseかと思われ・・

諦めて橋の方からエッフェル塔を臨みます。この日は珍しく晴れ間が出てて、
とても綺麗な写真が撮れましたぞ。

反対側からの橋もベビーカーが居てNGでしたので、Passyから凱旋門へ。。
前回の凱旋門はコンコルド広場からシャンゼリゼ通りを上がり、突き当りで
ちょっと撮影しただけ。あまりの観光客の多さにビビったせいです。しかも
地下道を通って真下に行った事もなかったんで(^^;)勿論今回も観光客だらけ
でしたが、かき分けて撮影スポットへ。

どうです、中々良いでしょう?地下道から中の広場へ行き、シャンゼリゼを
臨みましたが上手く見えませんね。門の上まで登ればいいんでしょうが結構
な料金なんで止めました。

さて、これからが今回の本番です。まずは同僚のDavid(パリジャン)から
教えてもらっていたお店でランチ。その後シテ島でノートルダムを見てから
以前行ったカフェへ。更にサン・ルイ島を抜けてバスティーユ広場がゴール。
と言う感じで考えていました。

エティエンヌ・マルセル駅近くにあるお店はあっさり見つかりました。英語
が通じるか少々不安でしたが、一人居たので助かりました。美味しいランチ
を食べた後はCite駅まで行き大聖堂へ。ここも観光客だらけ!!

そそくさと以前行ったカフェを探して一休みして再び歩きます。川沿いを
下って行くと横からの大聖堂が見えました。

更に歩くと素敵な風景が続きます。これが今回のベストショットです(^^)/

もう少し進んでトゥルネル橋を渡ろうかと思っていたんですが、手前のアル
シュヴェシェ橋で例の鍵を発見。行ってみました。

うひょ~!凄いですな(^^ゞ日本だったら撤去してるんだろうなぁ。そのまま
サン=ルイ橋を渡りましたが、ヴォージュ広場を経由してからバスティーユ
広場へ行きたかったので、サン・ルイ島はパス。ルイ・フィリップ橋を渡り
セーヌ川の対岸へ。迷子になりましたが、何とかヴォージュ広場へ到着。

かなり足が痛かったのでベンチで休憩。後は何とかバスティーユ広場へ行き、

更に近くのカフェで休憩。そろそろ限界になってきました。まだ16時ぐらい
でしたがこの辺で終了してホテルへ戻る事に。
Cour Saint-Émilion駅はベルシー
公園という所に隣接しているんですが、公園の中には入ってません。どうせ
通り道なんで、ちょっとだけ行ってみました。

中々良さげですが、何やら奥の方にティーン達が集まっています。フレンチ
ヒップホップが大音量で流れており、こちらへ向かって更に子供達が歩いて
きたので、そそくさと後にしてホテルへ戻りました。

荷物をピックアップした後、何とかシャトレ駅経由でRERに乗り空港まで。
疲れ果てて「完全燃焼」って感じでした。

これでもまだまだ行きたい所は沢山あるんですが、次回出張で再び来る事が
あれば、改めてじっくり回りたいですね。

パリ出張(交通ホテル編)・・

2015年11月07日
第二回目は移動に関する事とホテルについて書きますね。

【飛行機】
日頃はスターアライアンスの航空会社を選ぶんですが、今回は小煩い社長
秘書がチケットの手配をしてくれたため、JALかAir Franceしか選択の余地
なし。
 
JALには一生乗らないって決めてるんで人生初のAFにしました。。しかし、
当日のチェックインから勝手が違いますぞ。いつもなら直接カウンターへ
行ってカードを出すだけなんですが、不慣れな液晶パネルで何とか終了。
途中間違えてまごついてると、親切なフランス青年に教えてもらうという
失態付き(^^;)

※前回行った時にたまたま通りがかった博物館。意味はありません。

羽田の搭乗ゲートから見た機体。777-300ERでした。

エコノミーだし、座席も変更できずに真ん中席。何を期待したらいいんだろ?
と少々ブルーな気持ちで搭乗したのですが、離陸前のビデオが良かった。

オサレでしょう?流石って思いました(^^)

液晶テレビは良かったです。思いのほか食事も良かった。席の両脇には細身の
日本人女性が座りましたので、腕が触れたりする事もなく比較的快適でした。

ちょっとした事ですがシャンパンの話を。普通シャンパーニュで作られたもの
をシャンパンと呼び、それ以外の土地で作られたものはスパークリングワイン
と呼ぶ。と言われています。が、フランス人のCAには通じませんでした。逆に
「それはシャンパンの事ですか?」と笑われて少々恥ずかしかった。後日訪問
先でアテンドしてくれた女性にこの話をすると、フランス人はスパークリング
ワインと言うとイタリア産の事を指すんだと(笑)。そりゃCAさんは面白くなか
ったはずです・・ちゃんとメニュー表にChampagneって書いてあるんだからその
まま素直に言えば良かっただけですが(^^ゞ

CDGの到着ターミナルはこんな感じ。

出発ターミナルはこんな感じで広くて良かったです。Free Wi-fiも使えて退屈
せずに済みました。


【バス】
CDGからホテルまでの移動にはまず、Air Franceのリムジンバスを使いました。
リヨン駅までの所要時間はラッシュの時間を外してたので大体20~30分ぐらい
でしたが、、空港を出るまでのターミナル間で約30分ぐらい掛りました。理由
は路駐車両が多いのと、クネクネとクランクになっている狭い道路のせい。
駅からホテルまでは普通にタクシーを使いました。

【ホテル】
ホテルは前回K部長が使ったというKyriad P12という所にしました。訪問予定先
の近くだから。というだけの理由でしたが選んで正解でした。中心地からは少々
離れていますが、最寄り駅(Cour Saint Emilion)まで歩いて5分以内。付近は歩道
も広くて人通りも多くありませんでした。

ダブルベッドの普通部屋です。


4Fの部屋からの眺めはとっても普通。


【地下鉄】
タクシーもありますが時間とコスト(ぼられるらしい)を考えると電車が一番。
今回はParis Visiteパスを購入しました。これはとっても便利。zone1-3の5days
で35.7€。何たって乗り放題ですから1駅2駅の距離でも乗るんで、疲労を軽減
させる効果もありました。

メインで使ったのは14号線。一番新しい路線で駅も車両も新しく、駅の数も
少ないので乗客も割と少な目。使い易かったです。

勿論他の路線もだいぶ乗りましたが、車両も手でドアを開ける古~いものから
最新型まで色んなタイプがあり、駅の装飾もまちまち。


更に言えば改札機も駅によって違いますから戸惑う事もありました。特に改札
機は切符の読み取りが悪く、どうやっても開かない事が一度ありました。まあ、
でも使い易い事には違いなく大変便利に移動できました。

【トラム】
これはお初でした。切符はパスが使えるので便利です。ちょっと外れたエリア
に行く際、駅から近くのトラム駅から更に目的地へ行く時には欠かせません。

今回使ったのはT1路線の二つの駅。


タクシーでぼられるぐらいだったら。という感じだし、特に問題はないんですが、
同僚が事故に遭いました。丁度満員になった際パンツの横ポケットからのぞいて
いたスマホと定期入れを指で挟んで抜かれたみたいだ。と。

どうせ、使えもしない物を。と思うんですが、スリが多いのは有名ですからね~。
因みに私は日頃から貴重品はできるだけ上着の内ポケットに入れる様にしてます。
更にフラップのボタンを締める。チャックは常に閉めておく。今回は財布とパス
ポートは常にそうやって持ち歩いていました。

でも、最終日にカメラのストラップを手首に固定してマップを見るのにiphoneを
手に握って歩いてたんですが、それらに視線を感じる事が何度かありました。
外国だと当たり前の事なんですが、改めて油断してはいかんな。と思いました。

ボケっとしてても比較的安全なのは日本だけです。海外へ行く時はどんな場所で
あれ気を付けるに越した事はありませんね。

パリ出張(服装編)・・

2015年11月07日
先週の日曜から出掛けて昨日帰宅しました。4泊6日の出張でしたが、中々
面白かったですよ。加齢と共に遠方への出張が辛くなってきていますがね。
今回のレポートはトピックごとにアップしていく事します。

第一回目は服装の事です。出張に行く時はどんな感じが多いでしょうか?
昨今ではスーツにネクタイ締めて、毎日シャツとネクタイぐらいが変わる
程度のビジネスルックも変わりつつありますよね。

我社では日本にやってくる海外のビジターたちは実にユニークなスタイル
の方々が多くてエグゼクティブクラスはスーツが多いですが、若い人達は
ジャケット+ジーンズにドレスシューズって多いパターンです。

私も今回それで行ったんですが、何せパリはもう初冬に近く最低温度は5℃
ぐらいで最高気温が15℃前後という気候。曇りの日が多く日照時間も短い。
ときたもんです。

で、持って行ったのは、
1.ネイビージャケット(総裏の秋冬生地もの)
2.ジーンズ2本(色落ちが少ないのと中ぐらいの色落ちタイプ)
3.靴はスエード茶のチャッカブーツと濃茶のパトリックスニーカー
4.コットンストール2本(茶色ベースとネイビーベース)
5.丸首のセーター2枚(コットンのグレーとハイゲージウールの茶)
6.ベージュのピューテリーとネイビーのアスペジM65タイプブルゾン
 
全体的に見るとこれに近い感じでした。

アイテムの説明は必要ないと思いますので割愛しますが、結論から言えば、
アウターに厚手のウールコートか、或いはウールのマフラーを巻いとけば
良かったかも。初日~3日目まではストール巻いても寒く感じましたから。

しかし合わせのナイロン生地のアウターは本当に使い勝手が良いですね。
風を通しにくいので薄手の割に保温性が高い。初冬まで使えますから一枚
持っておけば大変便利です。

因みに街行く人々のファッションは様々で、薄手のブルゾンの人もいれば
厚手のコート姿の人も多かった。下はフレンチっぽく華奢なドレスっぽい
シューズ(ロングノーズが多い)にデニムを合わせるスタイル。色落ち黒
とかグレーのデニムに黒のシューズが雰囲気でしたよ。

一番私の目を引いたのはご老体の紳士スタイル。トレンチやチェスターの
ロングコートに手入れの行き届いたカチッとしたドレスシューズ。どれも
古いものなんでしょうが、味があってカッコよかった~。

総じて言えば、思ったよりオシャレな感じの人は少なかった。女性も身幅が
広い人も多いしね(^^;)流石に写真は摂れませんでしたが、こんな感じでした。

焼津出張・・

2015年02月09日
去年の9月以来ですからホントに久し振りですね~別に行くつもりにして
いた訳ではありませんが、何となく行ってみるか?となっただけです。

目的地は静岡県焼津市、となれば東海道新幹線なんですがこれ又ホント
に久し振りです。前回乗ったのが何時か全く覚えていません。多分10年
は乗ってません。

東京駅から乗ったのですがやってきたのは各駅停車。まあ抜かれる事!!
殆どの駅で追い越されます。道理で乗客が少なかったはずです(^^;)
途中小田原で雪です。

内心「この先大丈夫かな?」と思ったのも束の間、三島ではこの晴天です。

富士山は真っ白で綺麗でした。

そうこうしてる間に静岡へ到着し、ここから車で移動です。丁度お昼時
だったので食事に連れて行ってもらったのは焼津さかなセンターです。

旗を持ったガイドさん(久し振りに見た)連れられた50名以上の爺婆軍団
に先を越されて大食堂は断念。

市場の中を歩いてると突然出てきた「山水さん」へ飛び込みました(^^)
注文したのは一番高い2,000円の・・(笑)メニュー名は覚えてません・・・

美味かったですね。マグロが一番美味かったのでマグロの丼にすれば
良かったかもしれません。

その後仕事を終えて再び静岡駅へ送ってもらいました。車中から望む
富士山は綺麗です♪

ちょっと時間があったのでASTY静岡を回ってると博多一風堂を発見。
ハッキリ言って興ざめしました。何年か前にブリックスクエアの店で
食べて激マズだったので食べる気にはなりませんでした。

銀座ライオンの前で静岡麦酒なるものを発見!してまっしぐらです(^^)

いや~大変美味しかったですよ!お腹が空いてればおつまみも頼む所
でしたが、一杯だけ頂戴して帰路に着きました。

久し振りに出掛けましたが、気分転換には良いですな(^^)
暖かくなったらまた何処かへ行く事にしましょう。勿論仕事はちゃんと
してるんですよ!?

水戸出張・・

2014年09月07日
結構メジャーな街ですが、行った事はありませんでした。異動が決まって
早速出張です。と言うか無理矢理連れて行かれたんですがね・・

今回は新しいチームの二人と本部長やらを含めた7名で訪問。上野で待ち
合わせでしたが、普通の常磐線ではなく特急が出る方です。こんなホーム
があるなんて知りませんでした(^^;)

勿論スーパーひたち号はお初でしたが、

所謂普通の特急列車でした。ここでも中国人の団体に遭遇しましたが言語
の違いはこうも場の雰囲気を変えるものかと・・要はうるさいという事です。

一時間ちょいで水戸駅へ到着。お迎えの車に乗り会社訪問。「おもてなし」
ですね~美味しい梨や地元のお菓子とか頂きながら商談も無事終了。

ここのお会社はとても良い立地におありで、会社の敷地内からこんな風景が
見えます♪都内にいるとこんな風景は見掛ませんもん、気持ち良かった~


その後お米農家の長谷川さん宅を訪問するという事になりました。出迎えて
くれた長谷川さんは刈り取りの作業を実演してくれました(^^;)

稲穂も頭を垂れていて正に収穫時期のようです。。

最後は自家製のお赤飯でおもてなし。勿論、梨も頂きました(^^)

もち米は好きではないんですが、美味しかったですね~。帰りにお土産で
持たせてくれました(^^)

お米って収穫時期の見極めが難しいんですね。値段が大分変わるようです。

しかし、全然仕事のモチベーションが上がりませんね。辞表を叩き付ける
夢を見ましたよ(^^;)

高崎出張・・

2014年08月31日
新幹線で一時間で行ける所を出張と呼んでいいのか?気分の問題です(^^)

群馬に来たらココと決めてる「うみんちゅ」さん。勿論行ってきました。
開店が17:30なんで、それに合わせて予約を(^^)帰りの新幹線の事を考え
ると早い方良いですね~

ハッピーアワーをやってるとの事でメガジョッキのビールとおつまみを
注文。店内はこんな感じです。

勿論開店直後なんで殆どお客さんは入っていませんが、これが18時過ぎ
になるとあれよあれよと満席になりました。月末の木曜日、ご存知の方
には分かって頂けると思いますが、新前橋駅前ですからちょっとすごい
と思います。

前回同様料理は最高級に好きなお味でした♪
焼きだだ茶豆(手ブレててスイマセン)。

アユの日干し。

刺し盛り♪

大好きなタイの昆布じめも入っています。こだわりの食材満載でマスター
の拘りをひしひしと感じます。

この日の相方の彼も異動を控えているようで、私も異動が決まりましたから
ここで一緒に呑むのも今回が最後かもしれませんね。。

この日は体調が悪かったのか、ベロベロになってしまいましてかなり具合が
悪い状態で高崎まで行き、新幹線へ。車内に私の嫌いな団体営業集団と乗り
合わせて相当うるさかったにも関わらず、終点まで爆睡。その後も気持ちが
悪いまま乗り継いでヨロヨロで帰宅しました。

どんなに楽しく美味しいものを食べて呑んでも飲まれるな。という事ですね。

臨沂(山東省)出張 Part2・・

2014年06月21日
明朝も結構早くにホテルを出発して一路工場へ。約2時間ほど走ると広大な
農業地の中に巨大な工場が・・随分前から「あっあそこだ」って分るぐらい。

商談も順調にすすみ、工場を一周して観て回って仕事は終了です。

因みに私は監査会社を使ってた書類を作る所謂「工場監査」ってのが好きで
はありません。随分手広く担当していますが、どんな業種の工場でも肝心な
ポイントってのがあります。

そこを押さえていれば、重箱の隅を突く様な事をしなくても商品の品質が
大きく変わる事はないと思っています。手前味噌ですが、何百という工場を
拝見してますから大体感覚的に「ここは大丈夫」「ここはダメ」ってのは中
を一周してみると分かる気がします。

さて、ここからが今回の出張のヤマ場となるのですが、気持ち悪い画像が
出てきますのでご了承ください。

工場のある小さな街で一番マシな料理屋へ連れて行ってもらうのですが、
社長は遼寧の農家の出身で私と同じ年齢。中国のおもてなしの気持ちが強い
世代の方です。我が社はヨーロッパで圧倒的な知名度がありますし中国でも
この数年で勢力を拡大中です。結構有名になってきてますからそういう部分
でもうちの会社ブランドと取引をスタートする事になったのは社長もプラス
だと思ったようです。

こういう展開になると昼から盛り上がって「かんぺ~」となるのは分かりき
ってる事なんですが、オサレな社長は赤ワインです(^^;)

中国で赤ワインって頂いた事がありませんでしたのでちょっと興味があった
んですが、先月連れ合いと行った横浜元町のオシャレなヌーベルシノアとは
かけ離れたものになりました。

安いスペインワインはおそらく20度以上ある生暖かいもので、デキャンター
に移したワインを泡が立つほどジャブジャブに振り回してしまってはっきり
言って台無しです(^^;)

食材は「これは絶対嫌だ~」と盛り上がったものを社長は勘違いしたらしく
私達に黙って注文していました・・

出た~~~(*_*) セミの幼虫と蚕さんでございます。。

中国のレストランに行くと店の入り口付近に水槽とか食材を並べて客に選ば
せる所が多いんですが、田舎に行くとゲテモノ系を結構目にします。


竹籠に詰め込まれた鶏や金網かごに入れられた蛇、深海魚も驚くような
気持ち悪い海産物、おぞましくて聞けなかったのですが動物の手だけを
見掛た事もあります。

そして今回最も気持ち悪かったのが、、

あまりに生々しいのでモザイクいれさせてもらいましたが、脳みそです。
ロバのものだそうです。動揺している私に社長が「これも食べるか?」って
聞いてきたんですが「それ注文するなら今すぐに帰る!」って言ったんで
流石にこれは出てきませんでした。

中国式で欠かせない「かんぺ~」は赤ワインで行われ、3名でフルボトル
5本・・私は途中から記憶がなくなりましたが一人で2本は呑んだようです。

どこかのトイレでリバースして昆虫とワインを放出して、その後どこかの
足裏マッサージに行った事など全く覚えておらず、工場から空港へ送って
もらう所から意識が戻りました。

バツの悪そうな社長と握手してお別れして帰路へつきました。

上海へ戻るのも夜の便でしたが、これも一時間遅れ。ホテルには21時頃
漸くチェックイン。昼間に相当胃を痛めつけたせいか、何も食べず就寝。

翌日も生憎の曇り空。上海の街並みも変わりませんね。

レイトチェックアウトで浦東へ向かいました。昼過ぎに漸く少しお腹が
空いてきたので、ハンバーガーセットを注文。
ステラと、

普通のレストランバーガーで、

漸く少し幸せな気分になれました(^^;)

今回は半ばスクランブル発進的な出張でしたが、何故中国ばかりなのか??
ベトナムとか東南アジアに行ってみたい!と思う今日この頃です・・

会社は基本的に海外出張は今でもNGってスタンスですから、次はいつになる
ことやら。

臨沂(山東省)出張 Part1・・

2014年06月21日
大事な商品の生産を依頼してる工場が突然閉鎖してしまいました。兎に角
急いで次の工場を探せ~!!となり、引き受けてくれたのが山東省は臨沂
市にあるとある工場でした。

窓口の商社も仕事した事がない新規の工場だったので、一緒に工場の簡単
な監査と商談のツメをしに行く事になりました。

コストカットだとAir Chinaの早朝便に乗るため、始発のスカイライナーで
日暮里から成田へ向かいました。ラウンジは使えたんで朝食はとれました。
月曜は移動だけだったので朝っぱらからビールも飲んじゃったよ、全く(*_*)
こんな朝早い便は二度と使いたくありません。リムジンバスも動いてないん
ですよ、早すぎて・・

嫌な予感はしていたのですが機内食でるんですよ。何時の便に乗っても必ず
出てきますね。ホントLCC以外の航空会社も機内食と飲み物は別売りにして
もらえないですかね~。

激マズ機内食は半分も食べられませんが、こんな珍品ビールに遭遇しました。

嫌な感じのフレーバーが強く、ホップを感じません。炭酸リキュール全開と
いう感じですね。

浦東空港から適当に時間をつぶして虹橋へ移動。国内線ターミナルは少し前
の人混みから考えられないくらい閑散とした感じがしました。目立ったのは
韓流(日本じゃ廃れて今は中国で流行ってんだって)のイベントがあったみたい
で地方の若いティーンの団体。皆んなお揃いの紙袋持ってて、こういうのは
万国共通なんだな。と思いました。

虹橋で小腹が空いたので「餃子館」って店に入ったのに餃子はなし。仕方が
ないのでジャージャー麺とチンタオです。中華が唯一?誇れるものかも。。

18時発の連雲港行きは一時間遅れ。中国で飛行機が遅れるのは当たり前の事
です。奇しくも今回のメンバーは2012年4月の中国出張に行った時と同じ。

この時はエライ遅れてウンザリしたのを覚えていましたから、「一時間遅れ
ぐらいじゃ遅れたうちに入らんな~!ははは」と全員苦笑い。。

騒がしい機内で1時間我慢して連雲港空港へ到着。地方の小さな空港には大体
戦闘機がいますね。

ここでも軽く10機以上は居ましたから、空軍全体の所有機体数ってどれくらい
あるんですかね?突然今から軍が訓練するからって民間機のフライトスケジュ
ールが変えられる事も多いんですよね~。困ったもんです。

この日は空港に工場の担当者が迎えに来てくれてました。1.5時間ほど走って、
ホテルへチェックイン後に夕食へ。。

よくある貝に春雨が入ってるニンニク風味のもの。

お肉。

また貝。

なまこ。。

これは珍しかった。中には鶏肉が入ってて周りはとても柔らかいお餅に
外側は同じくもち米をまぶしているもの。緑の着色でフルーツぽい感じ
に仕立てるんだそう(^^)。

最後にチャーハンでしめました。美味しかったです♪

この時は、まさか翌日昼間っから死ぬ目に遭うとは思ってもみませんで
した・・・つづく

 


宇都宮・・

2014年05月25日
月火と新潟へ行き、木曜は宇都宮の事業所へ。。この日も朝7時の新幹線
だったので、まあ眠い事zzz

夕方まで仕事をして駅まで戻ってきましたが、いつものミンミン定休日(T_T)

仕方がないので反対側から出た所にある健太餃子一号館へ。疲れてたんで、
ちょっと一杯セットを頼みましたが、ビールが足りずにもう一杯追加・・

餃子も一皿追加しましたが、私はミンミンの方が好きです。次回は年末ごろ
になるでしょうから、その時の楽しみにとっておきましょう。

新潟出張・・

2014年05月25日
新潟と言っても燕三条エリアへ出張です。2011年の12月以来です。前回は
当日とんぼ返りしたんですね。暮れに丸一日時間を割いて行ったぐらいです
から、何かちょっとトラブルだったんですな(^^ゞ

今回はふじたさんの勉強のためが50%、残り50%は私が遊びに行きたかった
からです(^^ゞ

まあ、燕三条って時点で金属加工関係の産地なんで工場見学です。私は何年
か前に一度徹底的に回ったことがあるんですが、ふじたさんは今回初です。
私からのちょっとしたプレゼントって感じですかね。

朝7時の新幹線に乗り9時前に到着。流石に眠たかったですね。

初日のアテンドは現地の大手問屋さん。午前中のセッションを終え、お昼は
小嶋屋さんでへぎそばです。。

この街にくると必ずココでそば(^^;)大好きだからいいんですがね~。

この日は余計なものは取らずにそば2人前。久し振りに食べて美味かった。
しっかり乾麺もお土産に購入。

昼から工場を回って駅前ホテルへチェックイン。その後近くの北野水産へ。
兎に角、郷土料理ってお願いしました(^^;)

栃尾のあぶらげ納豆入りバージョン

のっぺ

私が担当してから早や5年。今回初めてこういう酒の席になったわけです
がいつの時代もこういうコミュニケーションは大事ですね。
最近ようやく腹わって話できるようになってきたので丁度良かったです。。

しかし、流石米どころ新潟の人達。酒が強い!!ビールの後はコレ

飲み比べセット(^^;)結構頑張って空けたらコレ

升酒どころではなく、テーブルまで溢れちゃったよ(^^;)
何だかこの他にも呑んだような気がします。正直記憶が飛んできました・・

最後はでかいおにぎりで締めました(の模様)。

ごちそうさまでした!都内でまた行きましょう。って約束してお別れです。

普段呑まない日本酒を頂いたせいか、夜中にお腹を壊してしまいました。

2日目は三条と長岡へ行き商談です。お昼は美味しいお寿司でした。小鉢
が2つとエビのお頭味噌汁と漬物がついて1,000円。

夕方16時頃の新幹線で帰京しました。

久し振りに行ってきましたが、どこも職人さんの高齢化が深刻だと仰って
ました。後継者育成ってもっと早くに自治体も巻き込んで業界が取組んで
いれば・・と思うのは私だけではないはずです。

今回訪問させてもらった御年70歳の職人さんは「やめてえんだけどなぁ」
って笑ってらっしゃいましたが、その時私は何かいたたまれない気持ちに
なりました。何とかならんもんでしょうかね・・

上海出張2・・

2014年02月22日
長い一週間の出張を終えて昨日午後帰ってきました。。毎日朝が早かった
せいと寒かったせいですっかり体調を崩してしまいました。薬を投与して
いたので、今日はちょっとだるいぐらいで済んでますが・・

今回の出張は「忍耐」と「礼儀」に終始しました。どういう事かと言うと
流動的なスケジュールに合わせるために外で待つ。という時間が結構あり
ました。薄着をしていった訳ではありませんが、待合室は暖房が一切効い
ておらずに手足が冷たくなる。丸一日掛った座学のトレーニングも会場の
暖房が弱くて参加者は皆ダウンジャケット着てたくらいです。私もふじた
くんも持って行ってなかったのでマフラー巻いてたくらいです。

結局風邪を引きかけて葛根湯とPL(これは主治医の先生に毎回処方してもら
うんですが便秘にならず効きます)で抑えてました。待機しておくという事
が辛かったですね。

一方礼儀の方ですが、今回の一連のトレーニングはうちのグループ内でも
中国法人向けのセッションで、私たち日本のチームはついでに来てみなさ
い。という立ち位置です。

主催はアジアの統括役員ですし、ドイツから来ていた担当者達や中国法人
の担当役員(去年の4月にお世話になったニコラさん)や中国の各部長達に
失礼があったら後々うちのX本部長にも迷惑を掛けますので、結構気を使い
ました(^^;)

こうなってくると楽しみはご飯と夜遊びぐらいなもんです。実質ちゃんと
した飯は火曜~木曜の夜だけでしたが、3日とも中華にしました。
火曜はホテルの蓮向かいの商業施設にある寧波料理。画像はありませんが、
チャーハンが美味かった。英語も日本語も全然通じなかったんで注文する
のが大変でしたが・・

水曜日はニコラさんのご招待でオーストラリア・ポーランド・フランス・
中国・日本の実に国際的なメンバーでLost Heavenというお店でした。
雲南省の料理を出すお店でしたが、西洋人に人気があるみたいで3-4割が
そうでした。

店内も西洋人が好きそうな感じ(^^;)

料理が出てくると話に花が咲き画像どころではありませんでした。料理も
勿論美味しかったですよ。あと、このお店「高邮路」という古くて大きな
洋風のお屋敷が並ぶ閑静なエリアにあり、そこも素敵なポイントです。
正直上海にこんな場所があったんだ。と思いました。

木曜は研修が終わり取引先の中国法人の人たちと合流。何度か連れてきて
もらってる上海小南国へ。

左上の鶏肉の紹興酒漬けは好きなメニューです。ふじた君は初体験の白酒
に感動?していました。

その後サウナに行ったんですが、2-3日前に聖地「東莞」で大規模な取締り
があり政府の役人も結構挙げられたそう。取引先にはちょっとした禁止令
が出たようでアテンドは不可。でも親切な張さんは店の入り口まで送って
くれた上に、店員に説明してくれました。年々この手のお店も減ってきて
るようですね。

あっという間の一週間。金曜は朝10時のフライトだったんで早朝ホテルを
出発。乗ったタクシーの運転手はレーサーだったのか、まあマリオカート
を地で行く感じ。最高速は150kmに達して大体1時間ぐらい掛かるところを
なんと45分で浦東空港へ到着。中国ではタクシーによく乗りますが、多分
ポールポジションです(*_*)

空港では手荷物検査場を何と素通り。ご存知の方には分かって頂けると思い
ますが中国の空港では99%ゲートで止められます。何度となく中国に来てま
すが、相当久し振りの事だったので驚きました。

緊張が漸く解けたのかふじた君はお土産屋でハジけてました。オバちゃん
の4個買うと一個おまけ攻撃にあい、気付けば取り囲まれてました。
巻込まれるのが嫌だったので遠目に見てたんですが「どれが美味しいの?」
とか「分かった分かった買うよ」という彼の声が聞こえてました(^^;)

子供達にもお土産を・・と言うので次のお店にいってパンダグッズを物色。
文房具類を買いあさってのですが、気付けばこんなものまで買う始末。

手袋?なんでしょうか?どうみてもデザインがオリジナルのパンダの手を
逸脱しています。これをふじた君家の子供達が喜ぶのか??3月に入って
彼が正式に着任したら聞いてみようかと思います(^^)

そうそう、泊まったホテルは去年4月と同じRenaissance Shanghai Putuo
Hotel
。角部屋も同じ。覚えてませんがフロアも一緒だったかも。
部屋の使い勝手は覚えているんで非常に快適でした♪

最後に肝心の座学のトレーニングはどうだったか?確かになるほどそういう
考え方もできるね。と思うものでしたが、新しい事ではありませんでした。
ふじた君は30%ぐらいしか分からなかったと言ってましたが、多分ホントは
もっと理解してなかったと思います。

参加を断れば、日本は積極的ではない。などと言われますから参加すること
に意義があるもので、実りは多くありませんでした。何なんだろうね・・・

上海出張・・

2014年02月18日
上海に来ています。昨晩遅くにチェックインし、朝も早くから活動開始です。

昨日は乗ったタクシーが悪くホテルの場所がわからず、途中で降ろされました。
勿論タクシーの運ちゃんは他のタクシーを自分で止め、交代してくれって頼んで
ましたし、Sorryと最後に言ってたんでまあいいかと。。乗るときタクシー乗り場の
係員にホテルの場所を聞きに言ってたんで大丈夫かと思ったんですがね・・

今朝は中国法人の事務所へ行き、担当部長と合流して移動開始。途中で買物
に寄ったんですが、面白いものを発見したのでアップします。

まずはコレ。

ご存じのキャラですが、何故そんなに怒った顔をしているのか?

続いてコレ。

何のキャラだかわかりませんが、兎に角可愛くない・・

自分的にハマッたのがコレ。
 

中に子羊でも入ってるのか??勿論「毛布」なんですが、揃いも揃って羊画像
をパッケージにしなくても・・この絵を見ると「暖かそうだな」と思わせるのか?

結局夕方までウダウダして本日はお終い。
明日は朝から座学のトレーニングが終日あります。

しかし、一日中雨降りで凄く寒いです。。。

上海出張・・

2013年04月20日
月曜から出掛けて、昨日帰宅しました。一週間の出張でした。最後に中国に行ったのは
2011年10月ですから約一年半ぶりぐらいですね。勿論「出張」ですから仕事なんですが、
今回の主たる目的は全く異なるものでした。
2013_0416_090510A.jpg















「試験」という言葉が一番ぴったりくると思います。昨夏に上司の本部長から「君をRDC
へ派遣しようと思うんだが」と言われ、そりゃなんだ?となるわけですが、今後のキャリア
プランをたてるのに役に立つセッションなんだそうな。訳が分からなかったのだが、周りに
聞けば、「あれはバトルばかりでキツイ」としか言われず。何だか訳が分からなかった。
今回日本からは3名参加、同じポジションの同僚が一緒だったので少し気は楽だったが。

月曜午後に上海入り。何やら不穏な雰囲気で火曜の朝8時からスタート。色んな状況で
何分で準備して何分で発表。その後オブザーバー(各国の役員が担当してくれました。
人事や商品、営業、トレーニングの人もいました)からフィードバックを受ける。というもの
でした。参加者は全部で12名。中国・ドイツ・イタリア・パキスタン・インド・日本と国際的
でした。グループセッションはしっかり自己主張をする民族に負けじと奮闘しましたが・・・

流石に朝8時から夜までやって、ホテルへ戻って翌日の準備をしてるとほぼ毎日寝不足。
疲労もたまりました。最終セッションは3日間のまとめでオブザーバー(私は中国の商品
担当役員のニコラさんがほぼ3日担当してくれてました。)と総合評価。なるほどと思える
事がほとんどでした。得意の脱線話で部屋を出ると私が最後の一人でした。

一説によるとこのキツいセッションはレベル3からレベル2への昇進を予定している人の
ため(レベル3:課長・マネジャー2:部長)のテストと国際的な人材登用を行うための人物
発掘の二つの目的があるようです。参加したからと言って今すぐどうなるってもんでもない
でしょうが、勉強にはなりましたね。
2013_0420_112200A.jpg















その後取引先と合流したのですが、疲労が出てしまいフラフラ。金曜に工場を訪問して
たのですが、夜も早めにホテルに戻りました。土曜の朝はゆっくりだったので、少し長め
に睡眠をとったのですが、結局帰りの便の中ではほとんどの時間寝てました。

久し振りの上海は大した変化は感じられませんでしたが、ホテルの周りの所謂客引きが
増えたなと思ったのと、Grand Mercureホテルの客室にウォシュレットがついていたので
助かりました(^^)

日本の業績は思わしくなく、どう考えても政策ミスです。経営者サイドはあくまで今の路線
を継続していくそうですから、経営陣が変わらないと業績は回復しないでしょう。
私のこの会社での最終目標は、昇進昇級する or 海外の関連会社へ転籍する。のどちら
かですから、まだまだ居座るつもりです。勿論数字はキチンとお返ししてますよ(^^)/

武夷山→千島湖出張・・

2012年04月15日
今週は4泊5日で中国出張へ行ってきた。いつもながらに何故中国ばかりなのか・・・。
仕事だからしょうがないんですがね。

月曜は成田→上海浦東→武夷山へ移動のみ。定刻で上海入りしたのはいいのだが、
武夷山行きの便は一日一便しかも夜。加えていつものよに遅れて武夷山空港へ降り
たのは、日本時刻で夜中の1時。。初日から泣きそうになりました。
2012_0410_010028A.jpg













しかしびっくりするぐらい小さい空港でボーディングブリッジなどあるはずもなく、タラップ
からターミナルへ徒歩。アテンドの社長の車でホテルまで約1.5時間・・結局寝たのは
3時頃でした。

翌朝は早くからホテルを後にして仕事へ向かいます。
2012_0410_091216A.jpg













午後から晴れてきて、工場の敷地内に咲くつつじを発見。いっても福建省ですから気温
は25℃超えてましたね。
2012_0410_163912A.jpg














仕事もうまく終わり、夕食も盛り上がって楽しかった♪再会を約束して空港でお別れした
のだが、帰りの夜便も遅れているそうだ。「まあ遅れても上海まで戻れればいいや」って
なもんで、待合室横の喫茶店に陣取った。

しかし、何か嫌な予感はしていた。

「遅れるって言っても出発予定時刻が全く目処が立っていない??」
「しかし何時間遅れてもだいたい飛ぶよ」・・・な?

うだうだして結局夜中の2時になった所で乗客全員小汚いホテルへ連れて行かれた。

「とか言って部屋へ入った途端に飛ぶから最集合なんて事もあったな」
「でも今日飛ばなかったら杭州入りが遅くなるなぁ」

などと考えていたらすっかり眠り込んで気づけば朝6時。情報がまったくないので、何時
どうなるかさっぱり分からない。結局9時過ぎに連絡が入り、「11時から昼ご飯。12時に
ホテルを出発」という事になりました。そう言えばここは有名な観光地なんですが、夜
着いて夜移動する予定だったんで何にも見えない。せめて汚いホテルからそれっぽい
感じの山肌しか見れませんでした。
2012_0411_112012A.jpg












その後上海まで戻り、初新幹線で杭州へ。あまり乗りたくないのだが、しょうがない。
2012_0411_172452A.jpg













昨年7月に同じ浙江省の温州であの大事故が起こったわけで、現在最高速度は300km
まで落されているようです。
2012_0411_174216A.jpg


座席のポケットには大量のゲ●袋がはいっており、「そんなに具合が悪くなるのか?」等
と心の中で呟いてみたものの、乗り心地はいたって普通。約50分程度で杭州駅へ到着。
2012_0411_174102A.jpg














この日のホテルはさらにタクシーで2.5時間掛りました。結局着いたのは夜でした。。
目的地は千島湖という街。ここも有名な観光地なんですが、ホテルの窓からみえる
景色だけでお終い。曇ってたり霧がでてたり、景色はちっとも奇麗じゃなかった。
2012_0412_075722A.jpg














この日も無事に仕事を終わらせ、また2.5時間掛けて杭州へ戻り。翌日は帰国するだ
けなんで夜遊びまでして部屋に戻ったのは午前様。。

最終日に乗った杭州→上海の新幹線は良かったですよ。何故って普通はチケットが
売ってないという政府要人しか乗らないらしい席だったから(^^)。
2012_0413_092304A.jpg














全部座っても5人しか乗れません。
2012_0413_091204A.jpg














貸し切りになりました。しかも前の2席はフルフラットになる座席。貸し切りなのをいい事
に遊んでみたり、
2012_0413_092358A.jpg














どうせ空いてんだからと座ってたら、部屋にお付きの女の子から座っちゃいかんと注意
される始末。お茶とクッキーまで付いてました♪
2012_0413_093500A.jpg














2012_0413_093546A.jpg













めったに経験できない事だと思い気分良く上海まで戻りました(^^)。

しかし、これって単なる偶然か?はたまた外国人に対するある種の「アピール」だった
のか?私には後者のような気がします。外国人がチケットを購入する際はパスポート
番号が必要ですから事前に分かっているわけで、あの事件で国際的に落した印象
を取り戻すためのせめてものアピール。とも受け取れました。

どっかのアホ政府じゃこんな事は考え付かないんだろうな(+_+)。

すっかり疲れて帰国しました。年内にあと一回ぐらいは中国へ行くかもしれません。。


 

上海出張・・

2012年03月24日
今週は月~木で上海へ。今年初の出張でした。しかしいつもいつも中国ばっかりで
飽いてしまっているのだが、今年に入ってからストレスがたまっていたせいか、丁度
良い気分転換になりました。

初日は夕方まで同僚の部長と一緒でした。(いつも単独行動の私には同僚と一緒に
いるというのは非常に珍しい)グループ会社の担当と商談し、事業所を見学してると
ちょうど取引先との待ち合わせ時間となり、そのままホテルへ。。「瑞泰虹橋酒店」
は初めて使うホテルでしたが、ほんと立地が便利というだけで、ホテル自体は全然
大した事はありません。立地の割に値段が安いので「それなり」の日本人ビジネス
マンが多かったですね。。通ぶって大声で飲食店やらナイトスポットの事をロビーで
話してるのはこっちが恥ずかしくなりました。
2012_0321_094028A.jpg












翌日から2日で工場を回り、アッというに間に最終日。この日は帰るだけだったので、
アテンドは頼まずタクシーで空港へ。そうそう今回は久しぶりに羽田~虹橋便にした
のですが、行きも帰りも満席。相変わらず人気がありますね。

また来月に中国へ出張が入っています。次回は武夷山と杭州です。結構ハードスケ
ジュールなんですな・・


 

宇都宮・・

2011年12月21日
部下と同僚と3人で宇都宮の事業所へ。普段も一緒に呑みに行くぐらい仲が良い同僚
なんで、行きの新幹線から盛り上がってそのまま駅東の「みんみん」へゴー。

有名なお店なんで今更ですが、焼き・揚げ・水の3種類を2人前ずつを3人でガッツリ。
朝10時ちょい過ぎの事でした。もちろん美味かったです。
2011_1221_103112A.jpg













2011_1221_103128A.jpg













2011_1221_103454A.jpg













帰りはスーパードライで一服。しかし、宇都宮駅を発って自宅まで1.5時間。横浜と
言う名ばかりの神奈川県の外れや西東京の外れに行くよりもうんと近いです。

いつか嫁を連れて食いに行かないと・・・。
 | HOME | 次のページ »